新築・中古の一戸建てそれぞれのメリット・デメリット

マイホームの購入を考えたとき、新築か中古かは、多くの人が最初に悩む点じゃないかと思います。誰だって中古より新しい家に住みたいに決まっています、、、。

マイホーム計画 イメージ

でも、資金計画や住みたい場所では、それが叶わない事も少なくありません。

新築か中古か、、、色んな意見があると思いますが、私が思うそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。見方で考え方が全然変わるので、一つの参考意見として読んでください。

新築・中古 一戸建て どっちが良いの?

新築 一戸建てのメリット・デメリット

メリット

・自分の思い通りの家が作れる
注文住宅、建売(分譲住宅)で自由度の差は大きいですが、自分のイメージする外観・間取り・インテリアの家を作れるのは、新築の一番のメリットと言えます。

・設備が新しい
キッチン、風呂、洗面などの水回りだけでなく、ドアやサッシの性能、外壁、屋根などの素材、細かいところだと構造材に関係する金物や工法にいたるまで、最新かそれに近いものが使われます。

・保証、アフターフォローが充実している
新築住宅には販売した事業者に、10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。2000年に施行された『住宅の品質確保の促進等に関する法律』に基づき、主要構造部分の瑕疵について、売り主が10年間の瑕疵担保責任を負うこととされています。

デメリット

・価格が高い
中古住宅よりも圧倒的に価格が高いです。場所・規模によって様々なので、具体的にどれくらいとは言えませんが、価格差は圧倒的です。そして、かかる費用は高いですが、住み始めた瞬間から資産価値が激減していきます。売却したくても思い通りの額では売れないと考えた方が良いでしょう。

・注文住宅だと時間がかかる
注文住宅だと計画から工事の期間など、実際に住み始めるまでにかなり時間が掛かります。

・分譲住宅だと個性が無い
分譲住宅だと、コスト削減のため沢山の家を建てるため、近隣の家とデザイン・間取りが似たものになってしまいます。その分注文住宅より安いですが、、、。

中古 一戸建てのメリット・デメリット

メリット

・価格が安い
新築に比べて中古は価格が安いです。建物は築20年~25年で評価額は限りなくゼロに近くなります。購入価格は土地代+αで、それにリフォーム費用が掛かりますが、新築よりはかなり安くなります。

・実物を見て確認して購入できる
実際に建ってる物を見て、中に入って確認できるので、生活がイメージしやすいです。ただ、素人が目に見える範囲だけで判断するのは危険です。構造や傷み具合に関しては専門家に診断を依頼しましょう。

・リフォーム(リノベーション)の自由度が高い
分譲住宅は安い代わりに、間取りやインテリアの自由度は低いです。注文住宅は自由度はありますが高いです。その点、中古住宅をリフォーム(リノベーション)すれば、自分の好みに仕上げられる上に、新築よりもコストが安いです。ただ、どこまでやるかがポイントになります。

デメリット

・経年劣化、使用感がある
築年数が長ければ長いほど、傷み、汚れが多いです。耐震基準が現在の基準を満たしていなかったり、主要構造部の傷みが激しい場合は、大規模なリフォームや建て替えを余儀なくされる場合もあります。中古とは言え安くない買い物ですから、専門家に依頼するなどの購入前の調査は手を尽くしましょう。

・設備が古い
キッチン、トイレ、洗面、給湯などの設備が古く、築年数次第ですがリフォームが必要になります。ドア・サッシや壁の断熱などの性能も低いので、新築と同等の性能を求める場合、大規模なリフォームが必要になります。

・住宅ローンの審査が厳しい
中古住宅を住宅ローンで購入する場合、新築の時よりも審査が厳しいです。年収、貯蓄、住宅以外の借り入れなどまで厳しく審査されます。

・保証、アフターフォローが無い
新築のように瑕疵担保責任が義務付けられていません。個人同士の売買は特にですが、購入後のアフターフォロー・保証は無いものと考えましょう。気になる方は、既存住宅売買瑕疵保険などの利用も考えましょう。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする