新築っていくらで建つの?の前に知っておきたい事

新築っていくらで建つのか? 気になりますよね?

予算の関係で中古住宅の購入を考えてる方も、「出来れば新築」と思わない訳じゃないでしょう。新築でも中古でも、家を買う・建てると考えたとき、まず思い浮かぶ疑問だと思います。

hensai

もちろん、この疑問には「●●万円で建つ」なんて答えはありません。

新築の値段についてアレコレ調べてる人なら、もう気づいてますよね?幾百・幾千もある条件のいくつかが違うだけで、値段が大きく変わるという事が、、、。

と言うわけで、ここでは「新築がいくらで建つのか」について、少し掘り下げて解説します。

『新築 いくら』の前に『いくらかけられるか』

新築がいくらで建つのかの疑問は、家にいくらかけられるかの疑問と表裏一体です。

ニワトリが先か卵が先かって話です。

自分の蓄え、所得、現実的な返済計画で借りられる住宅ローンの額で、一体「いくら家にかけられるのか」を考えるのが大事です。それが1000万だったら、いくら安くても新築は無理だし、2500万用意できるなら土地を考えなきゃ新築が建つでしょう。1800万円だと微妙、、、という具合です。

最後の1800万についても、頑張って頑張っての1800万なのか、余裕を持たせた1800万なのかでは大違いです。後者の場合、頑張ればプラス500万くらい出せるわけですから、、、。

この資金計画をまず考えましょう。

家の値段の定義が曖昧だから要注意

金を払う側の考えるいくらと、工務店やハウスメーカーのいくらで考え方が違うのも要注意です。特に、価格重視のローコスト住宅を売りにしてるハウスメーカーは、あれこれ別料金だったりしますので要注意です。

それが、外溝工事、電気ガス水道引き込み工事です。

さらに、場合によって解体・処分・仮住まいの費用も必要ですし、引っ越し代に、新しくそろえる家具家電、新居のカーテンもバカにならない金額になります。住宅ローンの諸費用、登記費用・印紙代、火災保険なども新築 いくらの概念には入っていません。

ですから、土地建物だけでカッツカツの資金計画を作ってしまうと、大変なことになります。

これらの建物を建てる以外の費用が、総費用の2~3割になります。要するに、資金計画で出した費用のうち、7~8割しか建物に使えない訳です。

ギリギリいっぱい2000万と考えた人は、ザックリ1400万~1600万ほどが建物本体の価格になります。2000万いっぱいの家を建てたら、スグに予算オーバーしてしまいます。

もう一度自分の資金計画を見直したうえで、いくらの新築が建てられるのかを計算しましょう。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする