固定金利とは?固定金利型住宅ローンのメリット・デメリット

固定金利型 住宅ローンの特徴やメリット・デメリットを解説します。

今まさに、「固定金利にしようか変動金利にしようか」悩んでる方は、どうぞ参考にしてください。5年後・10年後・30年後の事なんて誰もわかりませんが、今の決断次第で、場合によっては最終的な支払総額が数百万円も変わってしまう大きな決断です。

hensai

家族でよく相談して、自分たちにとって最適な金利タイプを選び、現実的で無理のない返済計画を立てましょう。

関連エントリー

住宅ローンの金利タイプ 種類は返済計画を立てる前に理解しよう!
住宅ローンの金利タイプは、大きく分けて3種類あります。 固定金利型 固定金利選択型 変動金利型 新築でも中古でも住宅...

【固定金利とは】固定金利型のメリット・デメリット

固定金利とは、返済終了までの月々の支払額・返済総額の上限が借入時に決まる住宅ローンです。30年・35年という長いスパンで、高額なお金を借り入れる上で、金利変動のリスクが少なく、将来にわたり家計管理がしやすいのが、とても分かり易いメリットです。

ただ、変動金利や固定金利選択型と比べて、かなり金利が高いというのが難点で、最近は変動金利を選ぶ人が増えているのが実情です。

そこを踏まえて、固定金利型住宅ローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

固定金利のメリット

繰り返しになりますが、返済終了までの金利が固定されて、月々の返済額・総支払額の上限が決まるので、将来設計がしやすいというのが一番のメリットです。

住宅金融支援機構が民間金融機関と提携したフラット35が、固定金利型住宅ローンの代表格で、CMでもお馴染みですね。

保証人が要らず、銀行ローンと比べると審査が通りやすいのがメリットです。

固定金利型のメリット=金利が上がっても返済額が変わらないという事は、金利上昇のリスクを貸し手側が取ることになります。逆に変動金利の場合、金利が安い変わりに、金利上昇のリスクを借り手側が取ることになります。

どういうことかと言うと、変動金利の場合、金利上昇局面になれば、必然的に支払額も上がります。そこで、がっつり繰り上げ返済できれば、総支払額の上昇はある程度抑えられます。それができる人=収入が高く、繰り上げ返済の余裕がある方です。こういう方は変動金利でも対応できます。

そうでない方は、固定金利を選ぶ方が、メリットが大きいと思います。

固定金利のデメリット

デメリットは、固定金利型住宅ローンは、変動金利と比べると明らかに金利が高いという点です。金利が高いという事は、月々の支払額も総支払額も高くなります。

今後、金利が上がれば固定金利を選ぶメリットを享受できますが、ゼロ金利が続く若しくは、今以上に金利が下がることになれば、その恩恵は受けられない事になります。

最近は固定金利型を選ぶ人が減っている

バブル崩壊から今に至るまで、どんどん金利が下がり続けている超低金利時代が続いています。「ゼロ金利」「これ以上下がらない」と言われ続けていたので、住宅ローンでは固定金利を選ぶのがセオリーでした。

しかし、今は変動金利を選ぶ人が増えています。

金利が上がったときに、繰り上げ返済などで対応できる人はいいですが、目先の安い金利に誘われて、現状の金利での月々の支払額をMAXにして住宅ローンを設定してしまうと、もし金利が上がってしまった場合にリスクが高いです。

必ずしも固定金利型が良いわけじゃありませんが、後で後悔しないように検討してください。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする