キッチンの高さは身長だけでは計算できない理由

キッチンの高さは、主婦にとって非常に大事な数字です。85cmか90cmかで使い勝手は全然違います。もちろん、その数字は奥さんの体格から算出するわけです。

kitchen

一般的には、

公式)身長÷2+5cm
 例)160cmの場合
   160cm÷2+5cm=85cm

と言われています。

この公式で算出したキッチンの高さで、「あれ?低いな」と感じる奥様が少なくありません。もちろんピッタリな方もいるでしょうが、キッチンの高さは身長だけでは計算できない重要なポイントがあります。

どうぞ参考にしてください。

キッチンの高さは肘の高さが重要

同じ身長160cmでも、脚の長さ、手の長さは人それぞれ千差万別です。

自分がキッチンに立ってるときに、どこを起点に手を動かしているか想像してみてください。例えば

  • 包丁で材料を切る時
  • シンクで洗いものをしている時
  • コンロで炒め物をしている時

肘じゃないですか?

上腕ごと上に上げて動作する事って、滅多にありませんよね?吊戸棚の物を取る時くらいじゃないですか?肘は下げた状態で、肘から下の手先が動いている状態です。

キッチンの高さを決める上で大事なのは、肘の高さなんです。

肘の高さとキッチンの高さが一緒は流石に高すぎるので、

公式)肘の高さ-10cm
 例)身長160cm 肘の高さ100cmの場合
   100cm-10cm=90cm

身長160cmでも、肘の高さが90cmの人もいれば、85cmの人もその間の87cmの人もいるはずです。その人たちが、一様に85cmのキッチンの高さにするのはおかしいですよね?

いま、自宅のキッチンの高さが何センチで、自分の肘の高さが、、、と計測してみてください。

キッチンの高さが合ってないと本当に苦痛ですよね?低けりゃ腰が痛いし、高いと肘を上げなきゃいけないので肩がこります。折角新築したりリフォームで新しいシステムキッチンを入れるんですから、ジャストサイズのキッチンの高さを選択しましょう。

自分の肘の高さで出した数字をもとに、ショールームでチェックしてみてください。実際に体感するのも非常に大切です。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする