ハウスメーカーの工期が短い理由 潜在的なリスク・デメリット

ハウスメーカーと工務店では、工期がかなり違います。もちろん、ハウスメーカーの方が短く、工務店の方が長いです。プランや時期にもよりますが、工務店が4~6ヶ月かかるところを、ハウスメーカーだと2~3ヶ月のところが多いです。

plan

ほぼ半分ですから、建てる方にしてみたら、仮住まいの家賃負担を軽減できますし、「●月●日までに引越さなきゃ」という方は計画しやすいです。

当然、工期が短いと工事にかかる人件費も削減できますから、その分安くなります。

ただ、ここに挙げた3つのメリットは、家の品質とは関係しない点で、費用の面や計画の点でのメリットです。もう少し掘り下げてハウスメーカーの工期の短さについて解説します。

ハウスメーカーの工期が工務店より短い理由

近年、昔と違って建物の部材は主に工場生産された物が使われています。

ですから、基礎工事が終わって建て方になると、あれよあれよと一気に小屋組み(屋根)まで出来上がってしまいます。それは、大手ハウスメーカーでも工務店でも同じです。

全体として住宅建築の工期が短縮されているのが現状です。

それでも、やはり2ヶ月とか2ヶ月を切るような工期で建つ家は潜在的なリスクを考えなきゃいけません。短く作ることの弊害が出やすいわけです。

前もって言っておきますが、短い工期で建つ家がすべて悪いと言ってるわけじゃありません。逆に工期が長けりゃ良いとも言ってません。←この点ご理解ください。

特に、工期を短くする理由の一つに、人件費の削減があります。

ハウスメーカーの多くは、ハウスメーカー自身が職人さんを専属で雇っているわけじゃなく、下請け業者さんが家を建てています。下請けですから、手間賃も高くない上に、短い工期を求められます。必然的に施工が荒れやすいです。

特にローコスト住宅の場合、安く建ててどんどん売らなきゃ利益が出ませんから、人件費・工期に大きな負担がかかります。施工管理も疎かになりがちなので、安く・短くが家の品質に及ぼす潜在的なリスクは計り知れません。

次に、様々な点で柔軟さに欠けるのも工期が短い影響の一つです。

というのも、間取り・インテリア・外観、どれもこだわった家は作るのに時間がかかります。ですからプランや意匠の制限が多い(自由度が低い)です。工事途中の変更を断られる場合も少なくありません。

↑ただ、ここに挙げたデメリットは潜在的なリスクであって、「ハウスメーカーの家は雑に造られてる」とは言ってません。短い工期でキレイに品質よく仕上げるノウハウを持っていますから、良い家がほとんどです。

プランや意匠の柔軟性やこだわり、コストをかけるところ・節約するところを自分の思い通りの家を作りたいのであれば、工期は後回しにして、納得できる家づくりをしてくれる工務店探しに注力するのが良いと思います。