平屋と2階建ての比較 平屋のメリットと費用の差を考える

平屋(1階建て)と2階建てを比較して、平屋のメリット・デメリット・費用について考えます。2階建てと平屋だったら、「出来れば平屋が良い」と考える人が増えています。

2階建てが当たり前だった時代に建てた家で、高齢になった親が部屋数を持て余し、使いにくさを感じているのを目の当たりにしている方も少なくないでしょう。

plan

家を建てる時は『子供のため』と思うんですが、近い将来子供が巣立ちます。夫婦二人暮らしになった時、「やっぱり平屋が良かった。」と考える方が多いです。

『平屋か2階建てか』は土地選びも大いに関係しますので、マイホーム計画の序盤で答えを出しておくべき問題です。平屋のメリット・デメリット・費用の差を理解した上で答えを出しましょう。

平屋のメリット・デメリット

平屋建てのメリット

平屋は暮らしやすい
いちいち階段を上ったり下りたりしなくていいので、家事・育児だけでなく家での生活動線が短くなります。
構造がシンプルで軽くなる
2階建てよりも、単位面積あたりにかかる重さは軽くなります。地震の揺れ方にもよりますが、2階は高さがあるので大きく揺れるし、2階の重量を支えている1階の被害が大きい傾向があります。その点、平屋は安定性があり構造的に強いです。
スペースが有効に活用できる。
階段・階段ホールやその周りのスペースが必要ないので、間取りをシンプル且つ有効的にプランニングできます。
家族のコミュニケーションが取り易い
プランニング次第ですが、子供が2階の自室で孤立するようなことが少なくなります。
コストを減らせる点もある。
2階建てにすることで増える資材(柱の長さ・階段・各種配管(電気・給排水など)・設備(トイレ・洗面など))、足場などが減らせる。

平屋建てのデメリット

基礎・屋根のコストが上がる
総2階と平屋で同じ床面積の家を作ろうと思うと、屋根・基礎の面積が約2倍になります。建築費の中でコストの高い点なので、結果的に高くなる。
日当たりが悪い
隣接した建物と、自分の土地の広さ次第ですが、よく考えないと日当たりの良い部屋が無くなります。
プライバシー・防犯対策が難しい
都市部で敷地が狭いと、道行く人や車からの視線や、防犯対策(窓を開けて寝られないなど)が難しいです。
プライベートな空間を作りにくい
メリットの『家族のコミュニケーションが取り易い』と表裏一体ですが、家族と顔を合わせやすい半面で、一人の空間を作りにくいです。
敷地が広く必要
建蔽率の関係もありますし、2階建てと同じ延べ床面積の平屋を作ろうと思うと、必然的にかなりの土地の面積が必要になります。

都市部では『2階建て止む無し』が現状

メリット・デメリットを見ると、平屋を建てられるか否かは、隣地の状況・自分の敷地の広さに依存することが分かると思います。

都市部で一般的に手に入る土地の広さは総じて狭いですし、隣家が2階建て・3階建てで境界いっぱいに建っていたりすると、現実問題として平屋で建てることは無理になります。

どうしても平屋と考えるのであれば、土地探しから見直す必要があります。そうなると、様々なライフスタイルも変わってきますので、家族の理解も必要になります。平屋・2階建てのメリット・デメリットを理解した上で、家族と相談して方針を決めてください。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする