外壁 黒は暑い?外壁を黒に決める前に知っておきたい事

check外壁が黒だと、アイボリーやベージュの外壁と比べて重厚感があって都会的、オシャレな雰囲気に見えます。外壁に黒を選ぶ方もかなり増えていますが、まだまだ少数派です。

一味違う個性やオリジナリティを演出したい人は、外壁の色を黒に決める前に知っておいてほしいことがあるので、どうぞ最後まで読んでください。

一番気になるのは暑さだと思います。そして忘れちゃいけないのが隣家への影響です。「自分の家だから自由に」と考えるのは間違いじゃないんですが、隣人との良好な関係があってこその快適な生活ですから、少しは考慮しましょう。

実際にどういう点に気を付けるべきなのか、具体的に紹介します。

外壁が黒だと暑い?

まず暑さですが、服や車の場合、黒と白では熱吸収性の違いから、黒の方が暑いと感じます。

しかし住宅の場合、断熱がしっかりと施工されていれば、黒の外壁が蓄えた熱が室内に透過して『暑い』と体感できる程の差はないです。ただ前提条件の断熱性が重要です。

新築ではなく、リフォームで外壁を黒に塗り替えようとする場合の方が注意が必要です。断熱性能が十分じゃない場合、淡い色から黒系に塗り替えることで室温が上昇すると感じる場合があります。

室内の暑さよりも、外壁自体の熱さの方が注意が必要です。

室内に熱が透過しなくても、黒の外壁自体は白やベージュの場合と比べて15~20度も熱くなります。素材次第ではかなり高温になってしまいます。屋根と違い外壁は誰でも触れますので、小さい子供がいる場合注意が必要です。

外壁が黒だと色あせしやすい?

黒の外壁は、色があせやすいです。本当は、黒に限らず濃い色は薄い色と比べて色あせ(劣化)を感じやすいです。

アイボリー・ベージュと黒や濃いグリーンなどの濃い色が、同じ年月を経て同じだけ劣化した場合、「色があせたな」と感じやすいのは後者(黒や濃い色)ですよね?

黒は汚れが目立たないと考える人もいますが、必ずしもそうではなくて、真っ白と比べれば目立たないかもしれませんが、割と汚れが目立ちます。

「汚れが目立たない色で」というなら、グレー・ベージュ・薄いブラウンなどが適当です。

黒い外壁の隣家への影響

都会の住宅事情を考えた場合、隣家が密接して建っている場合がほとんどです。

その場合、隣家の窓と自分の家の外壁が数10センチしか離れていない場合も多いです。この場合、外壁が黒と他の淡い色とでは、隣家の窓の明るさが全然違います。

また、街全体として考えた場合、自分の家だけが外壁が黒で浮いてしまうのは、景観への配慮が足りないと思います。

その場合、全体を黒にするんじゃなくて、アクセントで外壁の一部に黒を使うなど妥協するのも、隣近所とのトラブルを避けるためには大切だと思います。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする