吹き抜けはデメリットを理解して対策してから作ろう!

dame吹き抜けのある家って憧れますよね。

新築の間取りを考える時、「吹き抜けのある家」のプランから出来上がりを想像し、あの独特の開放感や明るさは非常に分かり易いメリットです。

ただ、吹き抜けがあることで、冷暖房が効かない・暑い・寒いなんてデメリットがあるというのも定説になっています。

ここでは、実際のところ吹き抜けのある家にはどんなデメリットがあるのかを紹介します。

「吹き抜けを作ったけど、こんなはずじゃ、、、。」と後悔しない為に、吹き抜けのメリットだけでなくデメリットも十分に理解しておきましょう。

吹き抜けのデメリット

冷暖房効率が悪くなる・光熱費があがる

一部でも1階・2階の区別が無い吹き抜けがあると、冷暖房の効率が極端に悪くなります。

夏は暑い空気が2階に集まってしまい、2階にいると汗だく、冬も暖房で温めた空気が上へ昇ってしまうので1階が寒い、、、なんてことは容易に想像できますよね。

吹き抜け丈夫にシーリングファンを設置して対策するのが一般的ですが、1階・2階が区別されてるのと比較して、冷暖房効率が悪くなるのは間違いないです。

ただ、リビングの吹き抜けの場合、南側に大きな採光窓が設けられてることが多く、冬は日差しの明るさと温かさを実感できるのは大きなメリットです。(夏は逆に凄く暑いです。)

テレビや話し声などの音が不必要に響く

リビング・ダイニングの話声・テレビの音が2階の居室にも響いてしまいます。

この点に関しては、家族の雰囲気を感じていられるというメリットととらえることもできますが、年の離れた兄弟(幼児と受験生)がいたり、生活サイクルの違う2世代で住む場合は大きなデメリットになり得ます。

↑こういう場合、2階の居室の防音対策も検討した方が良いでしょう。

掃除・メンテナンスが難しい

吹き抜け上部に設置されているダウンライトやシーリングファンは、素人ではなかなか掃除できません。照明をLEDにすれば交換の必要はほぼ無いですが、照明器具の方が先にダメになれば交換は必至です。

窓ふきや天井と壁の取りあい部分によく作られるクモの巣も、素人では取れない状態になります。

年に1度業者に頼むにしても、足場を組む必要のある作業は費用が跳ね上がります。10年・20年後の壁紙の張り替えなどでも費用が大きく変わります。

吹き抜けのデメリットを考慮してプランニングしよう。

デメリットは沢山ありますが、メリットも大きいので、よく家族と相談して、デメリットを軽減できる点を設計士や業者と相談の上で採用しましょう。

サッシ・ガラスの断熱性能や、日よけのロールスクリーンやブラインドの設置、掃除に関しては柄の延びるモップなどで届くように設計してもらえれば、ある程度自分で掃除やメンテナンスができるようになります。

無策で吹き抜けを作ると、後で後悔することになりますよ。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする