築20年~25年の中古住宅を購入する上での注意点

築20年~25年の中古住宅を購入または、購入を検討するうえでの注意点を紹介します。

誰でも「出来れば新築が良い」と考えますが、金額・予算や「どうしてもここに家が欲しい!」と思ったときに、都合よく土地が見つかるわけじゃありませんし、「築浅は高いから20年くらいの中古で、、、」と考える人も少なくありません。

中古住宅 イメージ

ただ、20年経っていればどんなにお金をかけた家でも、相応に経年劣化していますし、20年の間のメンテナンス次第で状態が全然違います。

ここでは築20年~25年ほどの中古住宅を購入するうえでの注意点を解説します。安いだけで選んで安物買いの銭失いにならないように、できる事は最善を尽くしましょう。

築20年~25年の中古住宅の基本

値段・資産について

一般的に、建物の資産価値は築15~20年でほぼゼロになるといわれています。

建物の資産価値がゼロだからと言って、土地の相場だけで購入できるわけではありません。建物の程度次第ですが、200~300万は上積みしている場合が多いです。

ただ、↑こういう状態ですから、購入後の建物の価格の下落は考えなくてもいいです。築5年~10年程度の中古住宅ですと、購入後の資産価値の下落が著しいです。

建物について

新築の住宅の場合、5年後とのメンテナンスが基本です。外壁の塗装などは10年スパンが一般的です。という事は、築20年~25年となると、少なくとも1度は外装の塗り替えが行われているべきです。

2度目が行われていなかったら、入居前に自分で塗った方が良いでしょう。外装のフォローがされていない家は、著しく寿命が縮まります。床下のシロアリ対策は5年ごとなんで、3、4回は更新されているべきです。

構造に関していえば、この記事を書いているのが2016年6月ですから、築20年~25年だと1996年~1991年に建てられた建物です。この年代ですと、耐震基準が改定された1981年はクリアしていますが、省エネルギー基準が改正された1999年より前になります。

という事は、性能上今の住宅よりも断熱性能が劣るわけです。

断熱性能をよくするために、窓を複層ガラスにしたり、屋根裏や床下の断熱リフォームも検討する必要があります。

築15年を過ぎると、見えない部分の傷みが顕著に現れてきます。床下や排水・水回りがそうです。点検口から目視でのチェック、水回りが機能していることも確認しましょう。

中古住宅は専門家にチェックしてもらいましょう!

築20年~25年の中古住宅といっても、安い買い物ではありません。

買ったはいいけど、リフォーム代が掛かり過ぎる、建て替えなきゃいけない、、、なんてことになったら洒落になりません。

ですから、専門家の一級建築士によるホームインスペクション(住宅診断)を受けるのがベストです。基本的なチェックで5万~7万円、床下・屋根裏などの詳細な調査をプラスするとさらに5万円~必要です。

もしホームインスペクションの結果、購入を諦めることになっても、多額のリフォーム費用や建て替え費用を考えれば決して高くないと思います。

専門家の意見を聞きながら、自分の予算に合った最善の中古住宅を見つけられるようにしましょう。決断力は必要ですが、焦りは禁物ですよ。